トップページ > 身体のむくみを改善するツボ





身体のむくみを改善するツボ

顔のむくみを改善するためには、顔そのものだけでなく、全身のむくみをとることを考える必要もあります。全身のむくみは、いわゆる「水太り」タイプの方にみられがちな傾向で、肝機能を高め、水分代謝を良くすることで改善が見込まれます。

あわせて、青竹踏みなどで足裏全体を刺激することも有効です。


水分(すいぶん)

効 果:体内の水分代謝を調節する。
場 所:おへそから指の幅1本分上の部分。
押し方:両手の中指(または人差し指)を重ねてツボに当て

    他の指で支えるようにしてゆっくり20回程度押す。
注意点:背筋を伸ばしやや前屈みで行う。食後すぐは避ける。

すいぶん

 

湧泉(ゆうせん)

効 果:肝臓の機能を高める。
場 所:足の裏の土踏まずの少し上の部分。

    横方向は、左右の真ん中。
    縦方向は、足全体を3等分して上から3分の1あたり。
    足の指を丸めて曲げたときにへこむ部分。
押し方:両手の親指を当て、つま先方向に向かって強めに揉むように押す。

    ゆっくり押して、緩めるという動作を繰り返す。

注意点:呼吸をとめないこと。入浴後がより効果的。

ゆうせん

 

関連する記事