トップページ > 有効成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)





エイジングケアに有効な成分

「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」は、 肌の弾力を保つのに必要な三大要素です。


皮膚は、表皮と真皮の二層からなっています。

エイジングケアでは、表皮の下の「真皮層」のケアが特に重要になってきます。



肌の断面図



肌のハリや弾力のもとになるのが真皮にある「コラーゲン」と「エラスチン」で、 これらの隙間は「ヒアルロン酸」で満たされています。

エラスチンがコラーゲンを束ね、コラーゲンがヒアルロン酸を体内に留めているのです。
これらは、よくベッドに例えられます。
コラーゲンがスプリング、スプリングを留めるネジがエラスチン、ヒアルロン酸はスポンジです。

肌が押されると、真皮層では、網目状になったコラーゲンが変形し、それをエラスチンが支えます。 そして、押す力がなくなると、エラスチンの弾力で肌をもとの状態に戻します。


古いベッドを想像してください。 スプリングは効かず、ネジはところどころ緩み、へこんだ部分は戻ってきません。 お肌でも同じようなことが起こっているのです。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つは、密接に関わりを持っていて、すべてを同時に満たすことが 肌の調子を整えることにつながります。しかし、この3つの成分の量は、どれも身体が成熟期に達したころに最大となり、その後は減少していきます。

加齢とともに減少していく、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を効果的に取り入れることが、 アンチエイジングのひとつの鍵になります。



「繊維芽細胞」の働きと正常化

コラーゲンとエラスチンは、真皮層にある「線維芽細胞」の働きによって作られています。
この繊維芽細胞の働きが弱まると、コラーゲン、エラスチンの低下につながり、つまりはたるみの原因になります。

表皮の奥・真皮層まで保水力を高める成分を送り届け、繊維芽細胞を正常に働かせる必要があります。




食べ物による、コラーゲン、エラスチンの摂取効果は?


コラーゲンの場合

体内でのコラーゲンの生成は、30代に入ると減り始め、35歳を過ぎる頃には、一気に低下します。肌のハリの元になる成分であることは、上記で述べましたが、化粧品として外側から与えるのではなく、食べ物から摂取する場合にも効果はあるのでしょうか?

コラーゲンを食事で摂った場合、体内ではアミノ酸に分解されて吸収されることになるので、そのまま直接的に効果が上がるわけではありません。しかし、最近の研究で、コラーゲンを摂取することで、肌のコラーゲン代謝が円滑になり、再度コラーゲンとして合成される確率が上がることが分かってきました。

 

つまり、食べ物で摂ることにも意味があるということです。コラーゲンの合成を助けるためには、良質のタンパク質も摂っている必要があります。肌の素になるのが、タンパク質だからです。


ただし、一日の理想とされる5000〜10000mgのコラーゲンを食べ物から摂ろうとするのは、食品としての量が多くなり、総じてカロリーもかなり高くなることから、あまり現実的とはいえません。
食品で摂る場合は、一気に摂取しようとするのではなく、質の良いものを、少量でも継続的に摂るようにしましょう。



エラスチンの場合

まだはっきりと解明されていませんが、食べ物から摂取したエラスチンは、体内に分解吸収されたものが、合成の原料になると考えられています。動物性コラーゲンを多く含む食品にはエラスチンも含まれています。また、エラスチン合成に必要になる ビタミンB2も摂取しましょう。



動物性コラーゲンを含む食品

鶏肉、鶏皮、手羽先、牛すじ、軟骨、豚即など。熱に強い。

★ただし、脂質も多いので摂り過ぎには注意。


海洋性コラーゲンを含む食品

魚のアラ、皮付きの魚、魚の頭、フカヒレ、エイヒレ、カレイ、サザエなど。

★動物性コラーゲンに比べ、熱に弱く、分子構造が壊れやすい。吸収性は良い。


ビタミンB2を多く含む食品

レバー、うなぎ、納豆、卵、海苔、など。

★脂質の代謝を促進します。皮膚・髪・爪の再生に関わります。




いつ食べるのが効果的?

コラーゲンとエラスチンは、睡眠中に活性化されるため、どちらかと言えば、夜、食べるのがおすすめです。

また、ご存知の人も多いと思いますが、体内での細胞分裂は夜中12時頃がピークです。せっかく美容面を考えた食事をしても、この時間帯に起きていると、栄養素が脳や筋肉の働きに消費されてしまいます。
遅くとも12時には眠っているようにすると、血流が肌にまわり、肌が再生されやすい状態になります。







関連する記事