トップページ > たるみ・しわの原因と対策





たるみ・シワの原因

たるみもシワも一種の老化現象ですが、その原因は複数あります。
悩みの原因を知らないと、対策が立てられません。たるみやシワに関する悩みの原因を解説します。



ちりめんジワ、小じわの原因

乾燥が主な原因です。肌の保水力が不足していて、皮膚の凹凸(高い部分・皮丘と低い部分・皮溝)の幅が広がり、皮紋が不規則な網目状になったものがシワです。


額の横ジワ、眉間のシワ、目尻の深いシワの原因

加齢や紫外線など様々な要因が組み合わさって、「繊維芽細胞」が衰えていることが原因です。「繊維芽細胞」の衰えによって、コラーゲン繊維、エラスチン繊維が弾力をなくしたり、断裂したりすると、真皮の深いシワになります。

ほうれい線、フェイスラインのたるみ、二重あご、首の横ジワの原因

上記同様に、加齢や紫外線の影響で、「繊維芽細胞」が衰えてきたことによります。コラーゲン繊維や、エラスチン繊維がたるんで、顔全体が下がって来たり、頬からあごにかけての厚い脂肪を肌が支えきれなくなることが原因です。

ちなみに、アンチエイジングの話題でよくテーマに登る「ほうれい線」も「線」とつくせいか、「シワ」の一種と思われがちですが、実態は「たるみ」です。顔全体のたるみが改善すると、自然とほうれい線も目立たなくなります。


その他、考えられるたるみの原因

・表情筋の筋力低下 (笑わない、しゃべらない、やわらかいものばかり食べる)

・急激なダイエットによる皮膚の弛緩(脂肪の減少により皮膚があまった状態)

・むくみによる水分過多 (代謝不良)
・猫背などの悪い姿勢(首まわりの血行不良などから、むくみ、代謝不良の原因に)





たるみ・シワの対策

肌には表皮と真皮という層があって、それぞれに働きがあることをまず理解しましょう。
このページも参考にしてください→エイジングケアに有効な美容成分



肌の断面図


ちりめんジワ、小じわの対策

角質層の奥まで保水力を高める成分を届ける必要があります。単に水分(化粧水)を肌に塗るだけでは不充分です。


額の横ジワ、眉間のシワ、目尻の深いシワの対策

真皮の「コラーゲン繊維」「エラスチン繊維」「ヒアルロン酸」を再生させる「繊維芽細胞」を活性化させる成分を真皮層へ届けることが不可欠です。「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を表面に塗っただけでは、再生の助けにはならず、シワは消えません。

ほうれい線、フェイスラインのたるみ、二重あご、首の横ジワの対策

上記同様に、「繊維芽細胞」の活性化が必要です。繊維芽細胞が活発になることで、コラーゲン、エラスチンも元気になります。加えて、筋肉の緊張を解き、柔軟になるような成分を与えることで、深いシワを改善することが必要です。

その他、日常生活で出来るたるみ対策

・紫外線カット 、保湿、など基本的なスキンケアの徹底

・脂質・糖質の多い食べ物を避ける(体内の酸化防止)

・片側だけで噛む、ほおづえを付くなどのクセを治す

・顔全体の表情筋を積極的に動かす(顔ツボやマッサージは効果的!)

・適度な運動(全身の血行改善)



関連する記事