トップページ > ツボを押すときの注意





ツボを押すときの注意

最初は誰でも、頑張りすぎてしまう傾向があるので、やり過ぎないことを心がけましょう。
朝晩のお手入れに組み込んで、気長に継続してみてください。

ツボ押しは、即効性が高いものではないですが、続ければ確実に変わってきます。



【顔のツボの押し方】

チェック指の腹をツボに密着させます
チェック息を吐きながら3~5秒ぐらい、ゆっくり押して、ゆっくり緩めます。
チェック一ヶ所につき3〜5回ほど繰り返します。
チェック強さは、ほどよく刺激を感じる程度。
 痛くなる少し前、よく「イタ気持ちいい」と表現されます。


【ツボ刺激で気をつけること】

チェック爪を立てない(爪の長い人は特に気をつけて!)。
チェック押す時だけでなく、指をはなすときにも、ゆっくり丁寧に離しましょう。
 勢い良くパッと離すと、筋の神経を過剰に刺激してしまいます。
 指を離すというより力をゆるめるイメージで。(押す・ゆるめるを繰り返し、ゆっくり離す)。
チェック左右対象にあるツボは、セットにして、左右均等に押しましょう。
チェック長時間同じ箇所だけを押したり、力任せに押すことは避けましょう。

 炎症を起こしたり、肌を傷つけてしまうことがあります。



【こんな時は行わない】

チェック心臓や腎臓に疾患がある(他、病気療養中)。

チェック熱が出ている。

チェックけがをしている。
チェック食べてすぐ(食後2時間は避ける)。お酒を飲んだ後もNG。
チェック妊娠の可能性がある、および妊娠初期。







関連する記事