トップページ > リンパとは何か





「リンパ」とは何か?

「リンパが腫れる」「リンパの流れを良くする」など、日常でもよく耳にしますが、そもそも「リンパ」とは何でしょうか?

リンパは、静脈に沿って、全身をくまなく巡っています。

・全身を網の目のようにくまなく張り巡らしているのが「リンパ管
・その中を流れるのが「リンパ液
・全身のリンパ管の合流している要所が「リンパ節

・これらを総称して「リンパ」と呼びます。


「リンパ」は主に、不要物を身体から集めて排出する「老廃物などの運搬」と、細菌などから身体を守る「免疫の働き」をしています。

 


リンパと血液の違いは?

リンパは、全身を循環して働くという点で血液と似ていますが、異なる点もいくつかあります。 リンパ管は毛細血管よりも細く、全身の狭い部分にも張り巡らされています。
「血液」は主に動脈で栄養や酸素を運び、静脈で老廃物を回収しますが、静脈で取り込みきれなかった老廃物がリンパ管に流れて行きます。

また、血液には「心臓」というポンプの働きをする器官がありますが、リンパにはありません。筋肉を動かしたり、さすったりすることで、リンパは動きます。
身体の表面を軽くなでるだけでも流れは良くなりますが、日々の軽い運動や、ツボ押し、マッサージなどで働きかけると、よりリンパを動かすことができます。

マッサージやヨガのあとで、お手洗いが近くなる経験をしたことがある人もいると思いますが、これはリンパの働きを促したことで、老廃物排出の働きが促進されたから、と考えられます。


リンパの働き・・免疫機能と老廃物の排出

リンパ節がフィルターの役目をして、細菌や老廃物を濾し取り、全身に細菌が行き渡らないように働きます。また、一度戦った細菌やウィルスの性質を記憶しており、同じ菌が再度侵入したとき、抗体を作り出し、身体を守る防御機能を持っています。


リンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分が体内に滞ってしまうため、むくみやこり、疲れやすいなどの症状につながります。

風邪を引いたときに、耳の後ろや首筋のリンパ節が腫れたりするのは、細菌を回収してきたリンパ液によって、リンパ節が詰まっている状態です。
以下の図で示すように、耳から鎖骨にかけて押したり、流したり、自分が気持ち良いと感じる方法で、やさしくマッサージするだけで、流れを良くする効果があります。




顔の周りにある主なリンパ節


リンパ節の位置耳介リンパ節(じかいりんぱせつ)

耳の前側と裏側にあります。風邪などをひいたときに「リンパが腫れた」と表現されるのは、耳介リンパの後部(耳たぶの裏側のやや下部分)であることが多いです。耳介リンパの流れが滞ると耳鳴りや耳の炎症を起こし、痛みが出ることがあります。


顎窩リンパ節(がくかりんぱせつ)

あごの一番奥まったところにあります。
顔から首へ流れるリンパ管が集中していて、ここが滞ると二重あごや顔のむくみ・たるみの原因となります。




鎖骨リンパ節の位置

鎖骨リンパ節(さこつりんぱせつ)

リンパマッサージにおいて最も重要とされるリンパ節です。左側の鎖骨の上のくぼみの部分にあります。
全身を巡った全てのリンパが最終的にここへ流れ込み、静脈から腎臓・肝臓などの臓器へ渡って尿として排泄されます。全身のリンパマッサージができない場合でも、鎖骨リンパの流れだけは良くしておく必要があるとされています。
鎖骨リンパは、窪み部分を、優しくゆっくりなでるように指圧します。



顔のマッサージで、最初にリンパ節を刺激するわけ


マッサージの方向顔面の筋肉を刺激するマッサージでは、まずリンパ管での出口であり、老廃物が集められる場所であるリンパ節付近からマッサージを始めます。

これは「出口が滞っていると、それ以前の流れも以後の流れも滞るから」です。
まず、出口であるリンパ節の流れを良くしてから行うことで、マッサージの効果を高めます。


その後、顔の中心部から耳介リンパ節のある顔の外側の方向に向かって老廃物を流し、さらに鎖骨リンパへと流すようにします。

ほとんどのマッサージで、このような動きが基本になっているはずです。
頭の中で、不要なものが流れていくイメージを浮かべながら行うと、より効果的です。


Amazonでリンパマッサージに関する本を探す



顔のリンパマッサージでの注意点

リンパ管は細く、皮膚のすぐ下を流れているので、顔をやさしくなでるだけでも、リンパの流れを促す効果は得られます。また、リンパ節を押したり、揉んだりするだけでも、顔のむくみを改善する効果が見込めます。

人間の皮膚は、こする(水平)の動きよりも、たたく(垂直)の刺激に強い性質を持っていますので、マッサージの際は、皮膚表面をこする動きにならないような注意が必要です。(その点でも、慣れないうちは、ツボ押しの方がおすすめです。)

耳全体をつかんでまわす、引っ張る、鎖骨部分を軽く撫でる、などは、顔に限らず全身のリンパの流れ促進に効果的です。






おすすめの記事