トップページ > エイジングコスメの選び方





エイジング(たるみ・シワ改善) コスメの選び方

エイジングの主な悩みである「ほうれい線」や「フェイスラインのたるみ」「二重あご」などは、表皮の下の真皮層の衰えによって進行していきます。

コスメで回復を助けようとするのであれば、必要な成分をこの「真皮層」まで届けられるような製品を選択する必要があります。


しかし、実はこれは、簡単なことではありません。

なぜなら、肌の表面は脂質で覆われているので、水溶性の成分は脂と反発し、中に入っていきにくい(=効果が届かない)からです。

化粧品にコラーゲンやヒアルロン酸を配合しても、真皮層までは届かないのであれば、せっかくの成分も効果を充分に発揮できません。

そこで化粧品メーカー各社が揃ってアピールしているのが、成分の「ナノ化」という技術です。有効成分を、ごく小さくすることによって、肌の奥の真皮層まで届けるという発想です。ただし、この「ナノ化」という技術も、肌のどの部分まで浸透するかや、安定性などには各社の技術に違いがあります。

どんな成分をどんな風に使っているのか、信頼できるメーカーなのか。公式ホームページなどで何社か比較してみてください。その際、ホームページのデザインやイメージは横に置いておき、製品の全成分表示や、どんな理念のもとに、どんな技術でつくられた製品なのかをチェックするようにしましょう。
いくつか見ているうちに、専門家でなくても、おおよその傾向は見えるようになってきます。

特にエイジングケアの製品は価格も高額になりがちですので、費用対効果を見極めることが重要です。パッケージやイメージだけで選択しないようにしましょう。

 

関連する記事:たるみ・シワの原因と対策



まとめ:エイジングケアに関する化粧品選びの着目点

・何を改善したいのか(肌表面の浅いシワなのか、深いシワなのか、シミなのか)。
・そのために必要な成分は何か。
・その成分が必要な部分まで届けられる製品かどうか。
・価格は同様の目的の他社商品と比較して高すぎないか、または安すぎないか。
・その製品は以前からある製品か、最近発売されたものか、リニューアルか。

(ロングセラーの方が無難かもしれない。しかし、新製品には新しい技術が取り入れられているかもしれない。)


私が愛用しているエイジングコスメ
私がここ3年ほど使用を続けているのは、「ビーグレン」の「エイジングケア対策セット」です。
> ハリをよみがえらせて目指すは「見た目年齢マイナス10歳」


必要な成分が届く=効きそう!という期待感から使いはじめ、別のページでご紹介しているフェイスマッサージクリームが気に入ったこともあって、その後も使っています。


>「エイジングケアセット」レヴュー 




アクセスの多い記事