トップページ > シミを消したい


シミを消したい_美容皮膚科へ


シミ1いつからか、気になり始めた頬のシミ。
フェイスマッサージのページ に載せている写真にも、はっきり写っていますが、記憶を遡ると5年前はそんなに気にしていなかったように感じます。

両頬に大きめのシミが3ヶ所。
大きな目立つシミに意識が向くせいか存在感が薄いのですが、いつの間にか、小さなシミも増えています。

もちろん、日焼け止めは欠かしませんし、日傘も必需品として過ごしてきました。

化粧品も、美白系のものをいくつか試しています。
ですが......、これはあくまで個人的な見解ですが、目立つようになってしまったシミは、化粧品で消すことは難しいのではないかと思います。

やはり年齢による変化には、勝てないのでしょうか?

・・と考えているだけでは、シミはなくならないので、クリニックでシミをとってもらうことを検討しました。かつて勤めていた会社の同僚の女性が、レーザーでシミの治療をして、「簡単にキレイになった」と言っていたのを記憶していたからです。

その元同僚の女性とは、現在は連絡もつかなくなり、彼女がどんなクリニックでどんな治療を受けたのかは分かりません。なので、自分なりにネットでかなり調べました。



そして、意を決して行ってきたのがコチラです → シロノクリニック(池袋)


シロノクリニック


シロノクリニックは、レーザー治療、アンチエイジング専門の美容皮膚科です。総院長は、株式会社ドクターシーラボのCEO 城野先生。城野先生は、美容レーザーのパイオニアと言われる方で、現在も現場に出られているそうです。

サイトには、都内、横浜、大阪など、各クリニックの院長の紹介が載っています。全治療の種類、費用もHPに掲載されており、初診のカウンセリング無料の対応もあり、全体的に感じる安心感で決めました。


 

シロノクリニック 初診の日


シロノクリニック2017年10月のある日。

シロノクリニック(池袋)へ。ホームページにある道案内に沿って、池袋駅から5分ほどで着く。エレベーターで8階へ。クリニック内に入ると、アロマが炊かれていて良い匂い。落ち着いた、おとなっぽい雰囲気です。

初回だったので、受付で問診票的なものを渡され、連絡先や、常用している薬、病歴などと、診て欲しい内容を記入しました。


その後、呼ばれて診察室へ。先生に診ていただいたところ、私の両頬にあるシミ(輪郭のくっきりしているもの)は、老人性色素斑で、それにプラスして肝斑もあるということでした。シミと肝斑では、治療方法が異なるので、両方に働きかける必要があります。


「シロノクリニック」で行っている施術の中で、「メドライト」と「フォトシルクプラス」の二種類の施術で改善を目指す「TWP(トータル ホワイトニング フォトセラピー」)を受けることにしました。

先生の診断後は、看護師さんから、施術の手順や、本日もらうお薬(レーザー治療後の炎症止めの塗り薬)の使い方を聞きました。そして、カルテ用に顔の写真も撮りました。

その後は、診察室から治療室へ移動しました。



シミ レーザー治療の日のメイクはOK?


シロノクリニック

クリニックに行く当日は、メイクはしないで行った方が良いかどうか、事前に電話で聞きました。

カウンセリング(診断)の内容によっては、何も施術しない可能性もありましたが、何かの施術を行う際には、メイクルーム(洗面台あり)があるので、メイクをして来ても大丈夫とのことでした。


私が予約した日は、朝から本降りの雨。途中どこにも立ち寄らず、クリニックに自宅から直接向かったので、メイクは最少限(眉を描いただけ)で行きました。

会社帰りなどにクリニックに行く方でも、メイクは落とせるので大丈夫です。



シミのレーザー治療


シロノクリニックの「メドライト」


施術用ベッドに横になると、看護師さんが髪をまとめて、タオルで押さえてくれます。そして、髪の生え際に保護のテープを貼ります。このとき、「残したいホクロはありますか?」と質問されました。ホクロもメラニンが反応して、完全には消えないまでも、薄くなっていくことがあるということです。中には、チャームポイントとして残したいホクロがある方もいるので、事前に質問するとのことでした。(私はないです...)


その後、産毛の処理。毛も黒いので除いておく方が良いとのことで、シェービング。そして、目にフタをかぶせるような感じでゴーグルをがせられました。

いよいよ、施術。

風を当てながら行うが、もし痛みなどを感じるようであれば、手を挙げて知らせてくださいとのことでした。始まってみると、ドライヤーの弱風のような風(冷たいと言うほどではなく、常温くらいの風)が、顔にあたっている状態で、そこへ同時に、パチパチパチという音のするレーザーを当てていきます。

音は、揚げ物をあげるときのような感じかな。もしくは手に持って楽しむ、花火の音のようなイメージ。

感触は、ゴムではじかれる感じに近いけど、それともちょっと違うかな・・。一ヶ所を パチッとはじくのではなく、複数箇所(7〜10ヶ所くらい?)に、パチパチが降り注ぐ感じです。いずれにしても、刺激はあるけど「痛い」と感じるほどではなかったです。

その「常温の風」と「パチパチ」が、頬の辺りからスタートして、おでこやあごなど、各部分をぐるぐるまわって、終わりになります。時間は、6〜7分くらいだったでと思います。


終わったあとは、冷たいタオルが顔に乗せられました。10分くらいクールダウンして、次の施術にうつりました。



シロノクリニックの「フォトシルクプラス」

次は、より強い光をあてるフォトシルクプラスです。パワーが強くなるため、顔全体に冷たいジェルを塗ります。その後、部位(頬です、アゴです、など)を伝えつつ、「ハイ!」という合図とともに、照射されます。

刺激は、さっきのメドライトのパチパチとは違って、一ヶ所づつに、パチッと確実に当てて行く感じで、音とともに、フラッシュがたかれるかのようにオレンジ色に光ります。ゴーグル越しに、目を閉じていても感じる光です。そしてあたたかい。

刺激は、「熱い」「痛い」というほどはありませんが、濃くて大きなシミがある部分は、すこし刺激が強く感じました。

これも、顔全体に、万遍なく照射するのを2周して終了になりました。時間にして、やはり5〜7分くらいでした。


パチっという音と共に、フラッシュとあたたかい刺激を肌に感じる感触。これって、何かに似ていると思ったのですが、10年以上前に、エステで足の脱毛を受けたときの感触に似ていると思いました。
(私が、脱毛エステに行ったのはかなり前のことなので、現在の脱毛がどんな感じなのかは分かりませんが・・)



終わった後は、ゴーグルを外し、横になった状態のまま、手鏡で顔の様子を見せてもらいました。ジェルで光っていましたが、いつもの自分の肌より、赤みがあるように見えました。先生から状態は、問題なしという旨を説明してもらって、施術は終了。

看護師さんがジェルを拭い、拭き取ってくれて、再び冷たいタオルでクールダウンしました。




シロノクリニック「池袋」を選んだ理由


シロノクリニックシロノクリニックは、都内・近郊に、銀座、恵比寿、横浜にクリニックがあります。私が池袋を選んだのは、家から最も近いからです。

施術後もメイクはできると聞いていましたが、個人的に、エステや美容皮膚科での施術のあとは、顔には何も塗らないで帰りたいと、私は思います。

なので、家から近いことも(私の場合はですが)選択基準に含まれます。

※先にも書いたように、メイクルームがあるので、その後、人と会う予定があるなど、お化粧する必要がある場合は、クリニック内のメイクルームを使えます。




シロノクリニック(池袋)で施術していただいた先生


shirono4今回私は、 池袋のクリニックで、後藤 瞳先生に、診察・施術していただきました。

シロノクリニックのHPには、全ての先生の紹介が載っていて、どんな経歴を経ていらっしゃるかや、どんなことを心がけて治療にあたっているかなどの理念が掲載されています。 → シロノクリニック


後藤先生は、美容皮膚科の世界に入る前には、ガン患者の方の肌の問題にも携わってこられたとのこと。女性が、自信を持って生きることに対して、プラスになるような治療を心がけていらっしゃることがうかがえます。

 

実際に診察していただいた感じは、さくさくと要点をしぼって、問題点を明確にしてくださり、事前の説明や、今後の方針の立て方なども、明瞭で分かりやすかったです。とても相談しやすい雰囲気だったので、このような美容系のクリニックなどが初めての方でも、安心して行って大丈夫だと思います。


また、事前にHPのお写真を見て、愛らしい感じの方だな、と思っていましたが、実際にお会いしたら、アイドルのように可愛い方でした! クリニックのドクターに対して「アイドルのように可愛い」というのは、もしかしたら、失礼にあたるのかもしれません・・・。

けれど、自分を少しでも美しく見せたいと願う人が訪れるのが美容皮膚科なので、そこで相談に乗っていただく先生が、可愛い、あるいは美しいというのは、実はかなり大事なのではないかと思います。

 


受付のスタッフの方、看護師さん、そして先生と、皆さんキレイ(もともとのお顔立ちも...、ですが、雰囲気がすてき)で、どの方も明るく親切な対応で、クリニック全体として居心地も良かったです。

 



シミレーザー治療後の状態

塗り薬施術直後、帰り支度をして、池袋駅まで歩いている間は、なんとなく、顔がほてって、表面がちりちりするような感じが多少ありました。

・・が、電車に乗って、スマホを取り出して見始めた頃には、気にならなくなりました。

家についてからは、まったく痛みもかゆみもなく、いつもと何も変わらずに過ごしました。

 

夜は、洗顔後に塗り薬を塗ることになっていたので、洗面所で鏡を見ましたが、赤味なども特にありません。本当にいつもと同じ。

あえて言うなら、一番大きなシミの輪郭が少し濃くなったかな?と感じました。施術後に、シミが一旦濃くなってから、そのご薄くなるそうなので、このあと薄くなっていくのかも・・と期待!

 

この後の変化するかは、追って記事にしたいと思います。


▼利用したクリニック
シロノクリニック(池袋)



ハート 美は日常を整えることから(管理人からの ひとこと)

シミ、肝斑は、日頃のストレスや、生活習慣(喫煙、飲酒)、睡眠不足なども関係すると言われます。
実際のところ、普段の生活の中で、シミの濃さや数を数値で測定できるわけではないけれど、肌のコンディション(化粧のり)という形で、身体的ストレス・精神ストレスが、ともに肌に影響することを実感できる人は多いと思います。
明るい気持ちで過ごせるような生活の根本的改善は、遠回りだけど、美にもつながりますね。
そして、肌の調子がいいと、気持ちも前向きになり、好循環を生んでいくことになります!




関連する記事

・シロノクリニックの施術の種類
・シミ治療その後の経過
・シミのメカニズム
おすすめのマッサージ法
リンパとは何か
ツボを押すときの注意点
「洗い流さなくても良いマッサージクリーム」レヴュー